» 時計ベルト

東京スカイツリータウン・ソラマチ1F 東京都墨田区押上1-1-2

お問い合わせはこちら

03-3625-1492

時計ベルト

主な取り扱いブランドについて

写真

クニスタイン

日本で一番古い時計ベルトメーカーである株式会社石国の「クラフトマンシップのこだわり」を受け継いだ『KUNISTEIN(クニスタイン)』。1969年(昭和44年)「伝統と格式をコンセプトに飾り気を廃し、純粋に素材と作りの良さを表現する」製品として、世に送り出されました。
21世紀の現在も職人の手によって一本一本丁寧に作られております。多くのお客様に時計ベルトの至高として愛され、今日まできました。『クニスタイン』は、表材・裏材共に厳選した本皮革を使用し、表の革を裏側に巻き込んだ皮革ベルトでは最高の作りとされている「へり返し仕立て」で制作され、可能な限り飾り気を廃し、素材の良さを追求した作りになっています。サイズは8~20mmが用意され、カラーは伝統的な「黒(ブラック)」と「こげ茶(ダークブラウン)」の2色となっています

写真

ロコッテ

ロコッテのテーマは『重なり合う先人達の想い、洗練されたカラーハーモニー』。
ヨーロッパでは定番の、切り身仕立てでコバを塗った新しい製法を取り入れ、伝統を守りつつ、一本一本手作業で作られています。
コバを塗る事を丹念に繰り返し、肌に当たる部分も滑らかに仕上げています。切り身製法なので、シャープな味が表現でき、コバの塗装により表情が豊かになります。伝統の中に、新しさと優美さを兼ね備えた『ロコッテ』は見る人の心を捉えます。

写真

ポニー

『ポニー』はベーシックをテーマとして、古さを感じさせず、他ブランドには無い柔軟性をもち、「へり返し仕立て」「フランス仕立て」「切り身仕立て」等、仕立てのバリエーションが豊富です。素材やカラーバリエーションも多数あり、お客様に『ベルト選び』を楽しんで頂けると思います。他にも、ロングサイズや細身のベルトや幅広のベルトもご用意しており、時代の流れやお客様のニーズに対応したベルトを多数取り揃えております。

写真

S&S

1869年、シュワイツアー(SCHWEIZER)氏とショエフ(SCHOEPF)氏という二人が創業し、ブランド名もその二人の名前が由来となっております。
スイス時計産業の中心として知られている、ラ・ショード・フォン(LaChaux-de-Fonds)に工房があります。ヨーロッパでは珍しい、「へり返し仕立て」を基本とした最高の作りとなっており、革の発色にもこだわり、裏材にも高級カーフを使用するなど、高級感にこだわっております。遊革の部分には2本のステッチを入れるなど、丈夫な作りにもこだわりを持っております。
現在では、ヨーロッパの有名メーカーの純正ベルトも作成しております。

POMS(ポムス) ポニーオーダーメイドシステムのご案内

人とは違うベルトが欲しい」「市販ベルトが時計に合わない」、というお客様には、ポーニーオーダーメイドシステム POMS(ポムス)をお奨めします。

他店では通常1カ月~2ヶ月位掛かる納期を、約2週間で作成します。職人が一本一本丁寧に作りますので、お客様に満足して頂けるベルトのご提供が可能です。
色素材は約90種類、ステッチの色も15色の中からお選びいただけますので、お客様の様々なご要望にお応えできます。(裏と表を違うお色、違う素材でお作りする事も可能です。)

POMSフローチャート

このページのトップへ

株式会社 石国

時計ウォッチファミリー

Copyright(C) ishikuni all rights reserverd.